AKIRANAKA

Pre-Fall 2021

FAR EAST RHYTHM
極東のリズム

“リズム/RHYSM”と聞くと音楽に結びつけがちですが、
描画にも色彩にも重量感にもバランス感にもリズムは存在しています。
私達の周りに何気なく存在している様々な日本のリズムは西洋化された生活空間において、私たちの受け継いだ美学の素晴らしさを思い起こさせてくれます。

あえてずらされた布、柔らかい折り目による曖昧な規則性など、
和装においてこれらの美意識は様々な方法で表現されています。
浮世絵にみられるオブジェクトの配置や独創的なかすれ感を表現したグラデーションによるリズムの構成にも、その独創性は遺憾無く発揮されています。
また建築においても無造作に配置された支柱で新しいバランスを構成する方法や、マイナスの美とも言われる、モノを取り去る美的感覚にも日本特有のリズムがあると考えています。

現代の装いをこのリズムによって構成する事で、
全く違った答えを導き出せるのではないかという試みが今シーズンのコレクションです。
私たちが受け継いだものの価値に気付きそれを現代の美しさへアップデートしていく事は、価値観が大きく変化している今こそ向き合うべき重要な課題だと感じます。

ファッションデザインが現代の日常に新しい光をもたらす事が出来ますように。

FAR EAST RHYTHM

When we hear the word “RHYTHM”, we apt to tie it to music; however, there is a rhythm also in drawings, colors, massive-feelings, and balance. Various Japanese rhythms existing around us remind us splendor of the aesthetics that we have inherited in the westernized life space.

These senses of beauty in Japanese KIMONO are expressed by various methods in the intentionally displaced fabrics, the vague regularity with the tender folds, etc. The originality is fully shown in the unique placement of the object seen in an UKIYOE PRINTINGS and in the structure of the rhythm by the gradation which expressed the original blur-feelings. Additionally, we think that a particular Japanese rhythm exists in an architectural method to construct a new balance by locating props in an offhand manner and also in the aesthetic sense to remove the things which is said to be ART OF SUBTRACTION.

The collection of this season is an attempt to derive a completely different answer by constituting the modern clothing through this rhythm. We feel that noticing the value of the thing which we inherited to update it to modern beauty is the important subject that we should face especially now when the sense of values is changing greatly.

May fashion design be able to bring new light to modern daily life.